医学部の予備校に裏口入学をしても意味は無い

いくらでも採点結果を誤魔化すことが出来る

医学部と予備校がつながっているという可能性は極めて低い / いくらでも採点結果を誤魔化すことが出来る / 性別による個性を活かした働き方を考えるべき

大学は試験を採点しますがこれは誰も見ていないところで採点をするわけですから、いくらでもその結果を誤魔化すことが出来るというわけです。
これまではそのような誤魔化しをする意味が無いという事で、そのような事をするわけがないというように考えられていたわけですが、女性の場合は仕事をするようになると出産で居なくなるという事があるので、男性に比較して採用率を下げなければ現場が回らないというような事が言われることがある事が分かりました。
これが本当なのかどうかは調べて見なければ分かりませんが、現場からそのような要望があるという事は考えられる事でしょう。
女性は子供を産んで育てるという重大な役目がありますから、それをしない男性が医療の現場でもさまざまな無理をきかすことが出来るというのは当たり前の事でもあります。
こうした事を考えなければこれからの社会は成り立たないという事を知っておくべきでしょう。
男女平等という事を声高に言う人達が考えなければならないのは、このような現場の実情があるという事です。
男女をまったく同じように扱って本当に女性が幸せになるのかという事も考えなければならないはずで、今の男性と同じレベルのことを要求して本当にいいのですねという事を考えなければなりません。
24時間勤務などがあったりするのは当然男性だけだったりするわけですが、それを女性に求めても良いのかという事になるわけです。
それなら男性をそのような勤務にしなければいいという理想をまたいうのですが、それが出来ないからこのような勤務があるわけで、緊急時にそのような理想論が通用しないという事は常に知っておく必要があるでしょう。

医学部の不正入試って、女子、多浪は入りにくいとか、昔からだし、受験の予備校の資料みてればわかるし、医学部受験してる人には普通に知ってる事が大事件みたいになってるけど。
それより、官僚の息子の裏口入学の方がよっぽど問題だけどな。
「女性差別」のほうがキャッチーだからまかれたな。

— ⊿のぞむぞむ(非公式、非公認、非売品) (@zom2nomad) 2018年10月13日