医学部の予備校に裏口入学をしても意味は無い

性別による個性を活かした働き方を考えるべき

だからといって女性の試験結果を一律で減点するという事はあってはならない事で、それならば最初から男子大学にするとか、試験結果については性別を考慮するという事を断る必要があります。
これは大学の採用の判断なので前もって断っておく事には問題はありません。
実際に医療の現場で採用する時には男性か女性かで判断しているという事が明確なったわけですから、それは当然大学入試でも宣言するしかないわけです。
大学には受かったけれども医療の仕事をする就職時には男女間で差があるということになれば、これは後で困難に直面するという事で最悪のパターンというしかありません。
最初は誰でもいいよといっておいて、後になって実は男女で変わるのですでは話が通りません。
ですが、最初からこのようなシステムですというように話を通しているのであれば、これは問題とはならないという事です。
男女の完全平等という意味不明な事を言う人達からすると、そのこと自体が問題だというのかもしれませんが、それなら本当に男女で同じように全てを扱うという事をすると、今度はそれについてまた文句を言うという事になるので始末に負えません。
肉体労働は男性専門で、長時間勤務も男性専門でという事は当たり前のようにしておいて、都合のいいところだけは女性も男性も同じというのでは意味が分からないという事になるのは当然の事でしょう。
男性と女性という言葉が分かれている事からもわかるように、違うわけですから、扱いについても違うようにするというのは当然の事です。
ただ、その違いがあまりにもバランスを欠いたものであれば、そのバランスを正すという事をすればいいのであって、意味不明な男女平等という主張は意味をなさないと考える必要があります。
裏口入学のようにある特定の人物だけを特別扱いするというのであれば、これは大きな問題となりますが、個人ではなく性別による個性を活かした働き方を考えるというのはあってしかるべきことでしょう。

医学部と予備校がつながっているという可能性は極めて低い / いくらでも採点結果を誤魔化すことが出来る / 性別による個性を活かした働き方を考えるべき

医学部 予備校 裏口 : 校舎の7割を閉鎖『代ゼミショック』に見る予備校業界の凋落