医学部の予備校に裏口入学をしても意味は無い

医学部と予備校がつながっているという可能性は極めて低い

医学部と予備校がつながっているという可能性は極めて低い / いくらでも採点結果を誤魔化すことが出来る / 性別による個性を活かした働き方を考えるべき

医学部の予備校は医学部を目指すところですから、裏口入学をしても意味はありません。
つまり予備校は実力をつけるところですから、これに口利きをしても意味は無いという事です。
そして医学部と予備校がつながっているという可能性は極めて低いと考えて良いでしょう。
何故なら医学部はそのような事をする必要が無いからです。
今でも医学部は極めて人気が高く、高い倍率を誇っています。
授業料も他の学部と比較すれば何倍もするのが常識ですが、それでも高い倍率になっているという事は、それだけの価値があると考える人がほとんどだという事で、わざわざ予備校の生徒を裏口入学のような意味は無いからです。
最近ではとある医大が裏口入学を政府の高官に依頼させてしていたという事が問題になりましたが、そのような事は政府の官僚だから意味が出てくる事であって、これは助成金などのシステムと関係があるので政府からのいう事には従うという事をするところがあるという事になります。
既に発覚しているこの事件からさらには女子学生の試験結果を一律で減点するというような事もありましたが、これも今の医大の問題を覗き見ることが出来る事件であったといって良いでしょう。