酵素と酵母、それぞれの特徴比較

酵素と酵母のそれぞれを違いを紹介します。酵素とは、エンザイムとも呼ばれます。人の体の中に元々あるタンパク質です。これは体の中で起こっている多くの化学反応を促進してくれるものです。例えば新陳代謝、不要なものの排出、排泄、食べ物の消化や吸収、そういったものもこれらがあってこその働きになるのです。人間にかぎらず、動物や植物、海藻などにも含まれていて、様々な生き物などの体を動かす源にもなっています。一方酵母ですが、イーストとも呼ばれ、5から10ミクロンととても小さく目には見えない単細胞の微生物です。土の中や水の中、植物だけでなく哺乳類といった生き物の体内や、皮膚などにも生息しています。イーストといえばパン、お酒、乳製品を作るのには欠かせない存在です。発酵の力を活かして美味しい食べ物たちを作ってくれる存在なのです。そして、イーストもまた、活動に必要な酵素を体内で作っています。これら2つの決定的な違いはイーストはエンザイムを作ることが出来ますが、エンザイムはイーストを作ることは出来ないということです。イーストはエンザイムを含んでいるもの、ということです。つまり名称通り、酵母は酵素のお母さんなのです。